活性酸素とは? SODとは?

 

メインイメージ「活性酸素とは? SODとは?」

ここ数年来、がんや成人病、皮膚のトラブルを始め、種々の疾病を引き起こす原因として、活性酸素がクローズアップされています。通常、体内で活性酸素が増えても、SODという活性酸素を除去する酵素が私たちの健康を守ってくれています。しかし、この活性酸素とSODのバランスが崩れ、活性酸素が過剰に増えてしまうことにより、さまざまな疾病を引き起こすと考えられています。

 

活性酸素とは

人間を含めた生物が呼吸し、新陳代謝をしているときには「酸素の約2%が“酸素毒”」といわれる「活性酸素」になります。
「活性酸素」は、私たちの体の中に侵入してくるバイ菌や、有毒 物質を貪食する殺菌の役目をしてくれる大事な物質ですが、地球 環境の急速な汚染などにより、必要以上にこの活性酸素が増加しています。 活性酸素は非常に酸化力が強く、異物を溶かす作用が過剰になって正常な細胞まで貪食し、脂質と結合して過酸化脂質(細胞を 傷つけ破壊し、人体に害を及ぼす厄介者)となり、さまざまな障害を与えるようになります。

 

活性酸素が過剰に発生する原因

環境汚染・ダイオキシン・排気ガスなどの70種類以上ある環境汚染物質の吸引・500種類以上ある加工食品の添加物・過剰な紫外線・放射線・過度なストレス・タバコ・激しい運動・パソコンや電子レンジ、電気毛布などの電磁波 など

 

活性酸素が原因となる病気

がん・脳卒中(脳出血・脳血栓・脳梗塞)・心筋梗塞・動脈硬化・糖尿病などの成人病・アトピー性皮膚炎・関節リウマチ・膠原病・白内障・老化・シミ・そばかすなど、全病気の90%は活性酸素が原因といわれています。

 

活性酸素を除去するSOD(エス・オー・ディー)

「SOD」とは、Super Oxide Dismutase(スーパー・オキサイド・ディスムターゼ)の略で、私たちの体内で過剰となった「活性酸素」を取り除き無毒化してくれる「酵素」です。「活性酸素」とこの「SODなどの抗酸化酵素とビタミン・ポリフェノールなどの抗酸化物質」のバランスによって、私たちの健康が保たれています。
しかしながら、地球規模での急速な環境汚染などにより私達の体に侵入してくるバイ菌と同様に環境汚染物質(農薬・殺虫剤)、加工食品(添加物)、紫外線、排気ガス、ストレスなどに活性酸素が反応するようになったのです。
従って、体内でつくられるSODだけでは間に合わないというのが現状です。

 
 
line-glass

また、丹羽博士のSOD誘導能の実験でも(下図)SOD産出能力は25歳から下降しはじめ、40歳を過ぎて急速に低下することがわかってきました。
これが各種疾患の原因でありますし、また老化現象などの最大の理由なのです。

line-glass

 
0.1mg/mlパラコートと血液中リンパ球を18時間 混合培養した各年齢層別健康人リンパ球のSOD誘導能
 


 
(株)日本抗酸化のHPは(株) 日本抗酸化独自のコンテンツや製作によるものです。また丹羽博士の著作物
出版物より抜粋・引用により製作しています。無断引用および転載を固くお断り致します。