丹羽先生と日本抗酸化

メインイメージ

 

国の初めての「予防医療研究会」で6年間代表幹事を務めました

(株)日本抗酸化、創業者の松川雄二と申します。
1992年(平成4年)私は、厚生省(現在の厚生労働省)の健康増進企画官主催で、国の初めての予防医療の研究会「健康増進システム研究会」の代表幹事でした。医師が15名程の他、生命保険会社、損害保険会社また、東急や積水のような開発関連の会社など総勢50名ほどで構成されておりました。

研究内容は、「生活習慣病のリスクファクター(危険因子)の管理を中心とする健康度予報システム、及びその健康増進システムまた、このシステムを普及させるための経済システムのあり方」など壮大な課題でした。

国の医療費が40兆円を目前にした今日、平成4年に未だ28兆円程度の時、厚生省の国民の健康を考える「健康増進企画官」が正に「医療費抑制」の為に国が初めて組織した「予防医療」を推進する研究会でした。

ページの先頭へ戻る

丹羽靭負医学博士の発明・開発製品との運命の出会い

この研究会の活動中、活性酸素を抑制する製品を発明・開発した医師がいるという情報を受け、私自ら丹羽先生の所へ出向き、お話しを伺いました。「活性酸素が死を招く」や「薬で病気は治らない」などの著籍からもわかるように、ご子息様を白血病で亡くされたことから始まった命がけのご研究には、大変な衝撃と感銘を受けました。
 

ご教示

是非とも丹羽先生のSOD様食品に関わらせて頂きたい旨を切望し、お願い致しました。
その後丹羽先生からも、「私の発明・開発した『SOD様食品』を普及させる手伝いをしてもらえないか」とのお言葉と商品名「ニワーナ」を頂き平成4年赤坂に事務所を設立しSOD様食品を販売する事業を始めました。
当時、厚生省の「健康増進システム研究会」の会長であり、東京大学医学部名誉教授の渥美和彦先生は、(あのお茶の水博士のモデルとされ、人工臓器を開発し後に日本統合医療学会を創立されました。また私、松川は4年間創立の事務局長を務めました。)松川にこの丹羽先生の製品の普及に携わることをお薦め下さいました。
 

世界で初めての大変重要な発明・開発

[1]なぜなら、丹羽先生が取得された「活性酸素抑制組成物」の製法特許をご覧になり渥美和彦先生が私にご教示下さった内容は、7つの植物素材を焙煎し発酵させるまでは類似の製品がたくさんあるが、特に油剤化の技術を完成させ、酵素状のSOD様素材が、胃酸によってより低分子化が進みスムーズに血液中に取り込まれ、細胞膜において蓄積された「脂質」と「活性酸素」が結合してできる大変有害な「過酸化脂質」を抑制して「細胞膜の破壊や細胞の消滅」を防ぐ事が期待できる。この事は丹羽先生の発明・開発の中で大変重要な事です。
 
[2]次に重要な点は、油剤化の技術の完成によって7つの酵素状のSOD様素材が細胞の中に取り込まれ、細胞内のミトコンドリアの中で最初に60%もの活性酸素が発生するものを無毒な水に変え、「遺伝子(DNA)を傷つける事なく細胞の正常な分裂を促す」ことが期待できる。加えて、「その他の3種類の活性酸素も無毒化することが出来る。」
という事は、「老化」や「様々な病」など、感染や伝染性以外のあらゆる疾患を予防し、改善させる可能性につながる画期的な発明・開発です。

 
[3]そして、丹羽先生の製法特許に記載されている、有効とされる疫病名に「動脈硬化・脳卒中・心筋梗塞」とあるが、これらの疫病に対処する医薬品はとかく副作用がいろいろ考えられるが、天然素材の1番の利点である副作用が全くない為、「医薬品には出来ない疾病予防」にも大いに活用できる事など世界で初めての大変重要な発明・開発された事に驚嘆しておられました。
 
詳しくは「酸化をどれだけ止められるか!」のページをご覧下さい。
 

丹羽先生の特別講演

2003年12月20日、待望の丹羽先生の特別講演「焙煎・発酵・油剤化を加えた天然生薬の治療効果」を渥美先生が理事長、松川が2年前まで創立の事務局長だった「JACT・日本代替・相補・伝統医療連合会議」(後の日本統合医療学会)にて正式決定し、講演は大変好評を博しました。

ページの先頭へ戻る

「第7回JACT大会」にて

「第7回JACT大会」にて (ご講演直後です)
(左)渥美理事長 (中央)丹羽博士 (右)松川

 
line-glass

近年、盛んに「活性酸素の医学的検証」が進んでおり「老化」や「様々な病」の根本的な原因は、活性酸素の攻撃によって「血管や臓器および皮膚、白血球や赤血球などの生体の一番弱いところの細胞の数が一時的に喪失してしまった」事に尽きるようであり、結果その生体の、その部位の機能が低下し「病」が発現する様なのです。
今後、医学的検証がさらに進むと考えられますが、SOD様食品について私、松川が考察しますには、細胞の喪失を最小限に抑制する事が出来るこのSOD様食品の油剤化の発明・発見は、21世紀における人類の「病」の改善や予防に、これほどまでに貢献している製品はないと言えるでしょう。
 
line-glass
 

ニワーナの製造工場

2014年5月15日~16日
松川がSOD様食品の製造工場である「(有)アンチオキシ酵学」を視察に行きました。
久しぶりの高知県の土佐清水の大自然に懐かしさを感じながら、空気や水の美しさや変わらない大自然の空間に、東京では時間に追われる毎日が嘘のようにすべてがリセットされ、心穏やかになることが出来ました。

そして今回の重要な視察の目的は、皆様へお届けしている丹羽先生の発明・開発のSOD様食品ニワーナなどが特許の中でも一番重要な、ごま油での油剤化によって細胞の中まで届いた結果、初めて活性酸素を根本から除去出来るというこの工程を、しっかり松川の目で確認するということです。
製造工程および製造機器が大変特殊な為、工場内の写真撮影は一切許可はしていません。
久しぶりに訪れました工場内は、衛生面の管理の素晴らしさは変わらず、全てが機械に任せるのではなく人の手・目によって確実な管理がされていました。

たとえば、焙煎の工程では、遠赤外線焙煎製法の重要な100度を超えてはいけないという温度管理も最終、人の目によって確認されていました。

そして麹での発酵過程では、“生き物”である麹による発酵が、重合を一層促進するため、工場内での徹底した温度管理や発酵管理などが行われていました。
 

油剤化の製造過程を確認

そして何よりも油剤化の工程の視察では、まず工場内は、ごま油の芳醇な香りに包まれていることをお伝えしたいです。
焙煎して熱を加えたゴマは大変乾燥しており油を搾りだすのは至難の業ですが、特殊な機械を特別に設計・考案(特許取得)した結果、世界で初めて細胞の中まで届く油剤化に成功しているこの工程を、改めて松川のこの目で確認し、様々な病に効果のある最高のSOD様食品はこのように変わらず製造されていることを確認し安心と感謝の思いで東京に戻り、早く皆様へお伝えしたいという気持ちでいっぱいになりました。
 

心も体も健康でいくつになっても美しく幸せでいるために

このような素晴らしい製品に携われますお蔭で、なによりも自分自身が健康になり日々の生活の中で喜びと感謝の心で過ごせる毎日でございます。
弊社社名である「日本抗酸化」や商品名のSOD様食品「ニワーナ」は、丹羽先生より命名して頂きました。
そして、日本抗酸化は丹羽先生発明・開発のSOD様食品と共に歩んで参りました。
今日まで、たくさんのお客様と出会いニワーナをお伝えしながら、共に発展し温かい輪が広がり続けて居ります事に心より感謝申し上げます。

ページの先頭へ戻る
page28-2
2003年10月
「SOD研究会」にて丹羽博士と歓談
page28-3
2009年11月7日(土)
丹羽耕三先生の「喜寿の祝賀会」にお招き頂きました。

SOD様食品ニワーナの製造工場である「アンチオキシ酵学」を視察し、アンチオキシ酵学社長の丹羽先生の奥様、丹羽笑代様と後継者である、ご子息様の丹羽皓士様とお会い致しました。

アンチオキシ酵学 工場内入口前にて2014年5月15日
アンチオキシ酵学 工場内入口前にて

 
日本抗酸化llcのHPは日本抗酸化独自のコンテンツや製作によるものです。また丹羽博士の著作物
出版物より抜粋・引用により製作しています。無断引用および転載を固くお断り致します。